Admin / Write / Res
エコチル調査、そして『黄砂と子どもの健康調査』にご参加くださっている皆さんに、健康/子育て情報をお届けします。
[2]  [5]  [6]  [8]  [9]  [10]  [13]  [14

ページの最後に、記事についての感想アンケートがあります。

今後の参考にさせていただきたく思っておりますので、ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

 

【質問】  PM2.5ってなに? 新しい大気汚染物質の名前なの?

【回答】 空気中に浮かんでいるものを、気体(酸素とか二酸化炭素とかですね)、液体、固体に分けたとき、気体以外のものは、だいたい、液体・固体が混じり合ったような感じで存在しています。これを「エアロゾル」と表現したりします。これが多いと、空気は霞んで見えますね。

 このエアロゾルのうち、2.5μm(1μm=1mm の千分の1)の網目を通り抜けてしまうくらいの小さなものを、微小粒子状物質(PM2.5)と言います。

 つまり、PM2.5とは、空気中の気体以外のもので、大きさがとっても小さいもの。何でできているかは問いません。

 

【質問】2.5μmって具体的にどんな大きさ?

【回答】下の図のように、2.5μmは髪の毛(70μm)やスギ花粉(30μm)に比べると、格段に小さいです。

 ちなみに、ぜんそくやアレルギーの原因として有名なダニの糞は、できたてのほやほやだと30μmくらいありますが、乾燥すると粉々に割れて1〜2μmくらいになります。

 

【質問】 PM2.5は何でできているの?

【回答】工場からの煙や自動車(特にディーゼル車から)の排気ガス、ゴミ焼却炉の煙、(特に石炭を使った)火力発電所からの煙など、人が発生させたものの他、火山の噴火や山火事の煙、それに黄砂など、自然由来のものもあります。

環境省 ホームページより

 



【質問】なんで、こんな大きさだけのざっくりとした名前をつけているの?

【回答】大気汚染として重要なディーゼル排気や工場の煙突からの煙に含まれる有害物質などは、たいがいとっても小さいです。欧米で大気汚染が問題になったとき、組成の各成分まで一々測定するよりも、とにかく、健康への影響が大きそうな、肺にまで達するくらい粒径の小さなものをまとめて測定して(PM2.5)健康影響を調べよう、規制しよう、ということになったのだろうと思います。

下図のように、小さな粒子ほど、肺の奥の方まで入ります。PM2.5は気管支の末端よりも奥に入ると考えられています。(環境省ホームページより)

69ad16a1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PM2.5の曝露を下げる方法や、PM2.5の健康影響については、下のページに記載しました。

よろしければご覧下さい。

PM2.5の健康影響

PM2.5の曝露を下げる方法

 

下から、情報へのご感想をお聞かせ下さい。どうぞよろしくお願い致します。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/1a3b1b0f239365

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
コ・ウサ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©   『黄砂と子どもの健康調査』 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika